今こそ!中古車を選ぼう

中古車に関する情報サイト

中古車の諸費用

中古車の諸費用 中古車を購入する際には車両本体の価格だけではなく、それ以外に必要となる諸費用に注目しておく必要があります。
税金や登録業務だったり納車業務に関わる費用や、販売店へ支払う手数料が当てはまります。
法定費用と代行費用の二種類がありますが、法定費用は自動車税や自動車重量税だったり、自賠責保険料や印税紙代です。
これは車検残の有無や車両重量だったり、排気量などにより違いがありますが地域毎に決まっているので値引きしてもらうことはできません。
その一方で代行費用は登録代行費用や車庫証明代行費用、納車費用であり、中古車を販売しているお店に支払う分になっています。
手間賃でもあり、代行費用に関しては販売店が独自に定めていることが大半となっているので、割引してもらえる可能性があります。
諸費用もある程度纏まった金額が必要になってくるからこそ、割引をしてもらえる部分は交渉して値引きしてもらうこともポイントとなってきます。

安心して中古車を買いたいなら記載簿もチェック

安心して中古車を買いたいなら記載簿もチェック 安心して中古車を購入するためには、賢く動く必要があります。
新車と違って前のオーナーがどのように使用していたのかを確認することは大切です。
記載簿をチェックすれば、その車がどのような整備を行ってきたのか確認することができます。
整備状態を知ることができれば安心です。
車検や点検といった情報はもちろん、修理や整備が行われたことも確認できます。
前のオーナーがどのような整備を行ってきたのかを知れば、車の状態も把握しやすくなります。
またエンジンオイル交換の時期なども知ることができるので、安心して購入することが可能です。
注意したいのは、記載簿がある場合もあれば、ない場合もあることです。
誤って捨てたり、紛失したり、あるいは故意に破棄したことも考えられます。
故意に破棄したのなら理由があります。
中古車ですから、前のオーナーがどのように扱っていたのかは大切な情報です。
もちろん、無かったからといって必ずしもトラブルが起きるとは限りません。
ですが、安心できるものを購入したいなら、確認したほうがよいです。

新着情報

◎2021/5/31

サイト公開しました